Uber(ウーバー)・Lyft(リフト)配車アプリサービス使い方【情報】

アメリカで高い人気を誇るライドシェアサービス「Uber(ウーバー)」「Lyft(リフト)」の使い方を解説します。

MLB観戦チケット往復航空券ホテル空港送迎がセットプラン発売中!

\MLB観戦チケット付きツアー販売中/

MLB観戦ツアー
目次

Uber / Lyft とは

配車アプリUberイメージ

Uber(ウーバー)Lyft(リフト)は、アメリカで生まれ、世界中で利用されている配車サービスです。一般の方が運転手を行い、スマホアプリを通じてマッチングした利用者が乗車するというライドシェアサービスです。

タクシーとは違い、アプリであらかじめ目的地を指定し、事前に所要時間や料金を確認した上で配車します。料金は手配時に決定するため、もしも渋滞になったりドライバーが遠回りしたとしても、料金が変わることはありません。

UberiPhone(App Store) / Android(Google Play)
LyftiPhone(App Store) / Android(Google Play)

安全性は?

Uber/Lyft は、誰でも自家用車を使って運転手ができます。
そのため安全性が気になる方も多いと思いますが、Uber/Lyftともにドライバーは身元確認を完了してからでないとドライバー登録ができません。既存ドライバーは毎年継続的に審査を受けています。

さらに、Uber/Lyftでは乗車完了後に、ドライバーと乗客を相互評価するシステムを採用しています。乗客からの評価が低いとドライバーを続けることができません。よってドライバーは、常に質の高いサービスを提供する努力が求められます。

そのため、アメリカではタクシーよりUber/Lyftの方が安全性が高いと言われています。
Uber/Lyft側も安全性を高めることを重要視しており、アプリでも緊急連絡が行える・年中無休サポートがあるなど、色々な施策が取られています。

Uber|安心して乗車する
Lyft|Learn what you need to drive with Lyft

メリット・デメリット

メリット

  • タクシーより安いことが多い(時間帯などによって異なる)
  • 配車前に料金がわかる
  • 事前に目的地を設定しておくので、ドライバーと話す必要がない(挨拶程度でOK)
  • 支払いはアプリに登録しているクレジットカードで決済される(キャッシュレス
  • チップの支払いも最後にアプリ上で可能
  • ドライバーのレビューを見てドライバー選択ができる
  • 到着予定時間がアプリで把握できる

×デメリット

  • インターネット環境が必須
  • チャイルドシートなどの用意がないことが多い
  • ドライバーは一般人のため稀に迷ってしまうことも…
  • 個人の車なので古い車だったり、内装など差がある

\WiFiお申込みはこちらから/

グローバルWiFi

\eSIMお申込みはこちらから/

グローバルWIFIのeSIM

Uber / Lyft どちらを使う?

時間帯などによって、Uber(ウーバー)と Lyft(リフト) で料金が異なりますので、できれば両方の料金を比較して乗車するのがコストパフォーマンス的にはお勧めです。

しかしどちらかが良くて、どちらかが悪いということではありません。どちらか片方だけをご利用いただいても問題ありません。

利用方法

STEP
アプリをダウンロード

アプリダウンロードはこちらから

Uber
(ウーバー)
iPhone(App Store)
Android(Google Play)
Lyft
(リフト)
iPhone(App Store)
Android(Google Play)
STEP
必要情報を登録

名前、電話番号、メールアドレス、パスワード、クレジットカード情報を登録します。

(参考)Uber の初期登録画面(クリックで開きます)

難しいものではありませんのでご安心ください。
アプリの流れに沿って入力いただければ設定できます。

(1)インストールするとまずこのような画面が出るので、一番下の「登録」ボタンを押します。

Uber

(2)携帯電話番号を入力します。最初のゼロは取って入力してください。

Uber

(3) 携帯電話番号を入力したら4桁の数字が書かれたショートメッセージが送られてきますので、アプリに入力してください。

(4)右下の人型アイコンをクリックして、「お支払い方法」をクリックして設定画面に移行します。

Uber

(5)お支払い方法を追加してください。(クレジットカードの登録)

Uber
STEP
行き先を入力
Ubermap

アプリを開き、車種(乗車人数)、乗車位置、目的地を入力すると、見積もり料金が表示されます。車種を選択してリクエストすれば予約完了!

※乗車位置は現在地を自動で読み取るので、基本的に手入力は必要ありません。

その後、ドライバーの名前、顔写真、車種、車の現在地がリアルタイムで表示されます。評価が著しく悪いようなドライバーの場合は、違う車を手配するのが無難です。 ドライバーが向かってくる前にキャンセルすれば、キャンセル料はかかりません。

(参考)Uber / Lyft の料金選択画面(クリックで開きます)

現在地(出発地)と目的地を選択すると、料金が出てきます。セダンやハッチバックの車がUberXとなり、人数に問題がなく、車種など特に指定がなければ、安いプランで問題ありません。

Amnet Staff

ただし「UberPool」や「Shared」という車種は相乗りですので、ご注意ください。

Uber(ウーバー)

Uber料金

Lyft(リフト)

Lyft 料金

この料金にチップは含まれません。チップは乗車後に、任意で何パーセント支払うかをアプリ上で聞かれますので、好きなパーセンテージを選択してください。問題があれば支払わなくてもOKですが、一般的にはサービスに問題がなければ15%~のチップを支払います。

STEP
乗車
Uber

ご乗車になる前に、ドライバー、車種、ナンバー プレートの情報をアプリの表示内容と照合してください。たいてい乗車時には、ドライバーから名前を聞かれます。

STEP
支払い、降車
レビュー

到着したら、アプリに登録したクレジットカードで支払いされます。チップは乗車後に、任意で何パーセント支払うかをアプリ上で聞かれますので、好きなパーセンテージを選択してください。問題があれば支払わなくてもOKですが、一般的にはサービスに問題がなければ15%~のチップを支払います。また乗車終了後にドライバーの評価をする画面が出ますので、任意で評価を付けます。

Amnet Staff

場所によってはUber/Lyft 専用の乗降車場が設けられており、「RIDE SHARE」や「Ride app」などと表示された乗降車場があります。

アメリカは基本的には流しのタクシーを拾うということは出来ません。もしタクシーをご利用になる際は、所定のスタンド(大きなホテルの前など)から乗車するか、電話で予約(ホテルフロントに呼んでもらう等)が必要です。

MLB観戦チケット往復航空券ホテル空港送迎がセットプラン発売中!

\MLB観戦チケット付きツアー販売中/

MLB観戦ツアー

注意点

インストールは日本で行う

アプリを一番最初に利用開始する際、SMS認証が必要になります。(SMS認証:携帯電話番号にショートメッセージが送られてきて、認証コードを入力するというもの)

海外SIMで認証するとうまくいかない場合があったり、契約によっては海外で電話が受信できないという場合もあります。確実に利用するため、日本で設定しておくのが無難です。

インターネット環境を準備する

アプリを設定したスマートフォンが必須なことはもちろん、常にインターネットが利用できる環境が必要です。配車したあとも、到着が遅れる場合の連絡などが来る可能性があります。インターネット環境は事前にご準備(ご確認)を!

\WiFiお申込みはこちらから/

グローバルWiFi

\eSIMお申込みはこちらから/

グローバルWIFIのeSIM

いつでもすぐに配車できる訳ではない

タクシーも同じですが、いつでもどこでもUberやLyftがいる訳ではありません。中心部から離れた場所や、イベントで混み合っているときなど、すぐに配車が出来ない可能性もあります。また時間帯によっても、注意が必要です。

アメリカ行きお問合せ

アメリカ行きツアー、航空券のお問合せはニューヨーク生まれのアムネットへお気軽にどうぞ!

お問合せ
株式会社アムネット
03-4477-6733

info@amnet-jpn.com
営業時間:月~金曜 10:00-17:00(土日祝休み)

観光庁長官登録旅行業1530号

お電話・メールでのお問合せ
株式会社アムネット(Amnet Japan)
03-4477-6733 info@amnet-jpn.com
営業時間:月曜~金曜 10:00-17:00(定休日:土日祝)
​観光庁長官登録旅行業第1530号

\MLB観戦チケット付きツアー販売中/

MLB観戦ツアー

\2024 NYCマラソンツアー販売中/

ニューヨークマラソン2024

画像クリックで詳細に移動します

シェアはこちらから!
目次