【イタリア】コンセントはC・SEタイプ!変圧器や変換プラグは必要?

イタリアのコンセント(プラグ)と電圧について紹介します。

目次

イタリアのコンセントの形状は日本と同います!

イタリアのコンセントの形状は日本と違い、「Cタイプ」もしくはSEタイプ」
そのため、「変換プラグ」のご用意が必須です!

C・SEタイププラグ
Amnet Staff

「Cタイプ」と「SEタイプ」の違いは、丸ピンの太さ。
SEタイプの方が若干太く、なのでCタイプの変換プラグがあれば、SEタイプのコンセントにも刺すことはできます。ただ、若干不安定なので、心配な場合は両方の変換プラグを持参することをお勧めします。

Amnet Staff

「Lタイプ」とよばれる、計3つの丸いピンがついたプラグもイタリアにありますが、こちらもCタイプのプラグがあれば事足ります。

マルチ変換プラグのレンタルも1日55円で可能!

グローバルWiFi

イタリアは電圧も違います

日本の電圧は100Vですが、イタリアの電圧は220Vです。
もし100V電源専用の製品を利用する場合は「変圧器」が必要です。

ただし、最近はほとんどの電化製品が世界の電圧に対応しており変圧器は必要ない場合も多いです。

世界の電圧に対応しているか確認方法

充電器

充電器などアダプターのどこかに、

入力(Input):100-240V

と記載があれば、全世界対応!
対応電圧が100V~240Vという意味で、イタリアでも変圧器不要!

スマホなどは変圧器不要です。

最近のスマートフォンの充電器(アダプター)は全世界の電圧対応していますので、変圧器は不要です。
他に最近の家電で以下であれば、全世界対応変圧である確率が高いです。

  • スマートフォン
  • ノートパソコン
  • デジカメ
  • モバイルバッテリー

逆に以下などは、機器によって異なる場合が多いのでそれぞれご確認ください。

  • ヘアドライヤー
  • ヘアアイロン
  • 髭剃り
Amnet Staff

Input:100V などと書かれている場合は変圧器が必要です。

イタリア・海外旅行のお問合せ

ご希望に応じてツアーもアレンジOK!航空券のみの手配も可能です。お気軽にお問合せください。

<お問合せ先>
株式会社アムネット(Amnet Japan)
03-4477-6733 info@amnet-jpn.com
営業時間:月曜~金曜 10:00-17:00(定休日:土日祝)
​観光庁長官登録旅行業第1530号

お問合せ
株式会社アムネット
03-4477-6733

info@amnet-jpn.com
営業時間:月~金曜 10:00-17:00(土日祝休み)

観光庁長官登録旅行業1530号

※情報は予告なく変更される場合がございます。

シェアはこちらから!
目次