ドバイの3大スークをアブラ船で制覇しよう!【ドバイ観光ガイド】

ドバイ観光(アブラ船・スーク)

ドバイと言えば、アラビアンな異国情緒あふれた世界も味わってみたいですよね。
それならぜひアブラ船を使ってスーク(市場)巡りがお勧めです!

\ドバイモデルコースなど特集はこちら/

ドバイツアー
目次

ドバイのアブラ船とは?

ドバイのアブラ船

ドバイの異国情緒あふれる移動手段といえば「アブラ船」!

ドバイのアブラ船は、ドバイクリークと呼ばれる運河を移動する伝統的な木造の渡し船です。観光客だけでなく、地元の人々にとっても一般的な交通手段として利用され、年間2,000万人の旅客を運んでいます。

ドバイの古き良き街並みが残るクリーク(運河)沿いをたゆたう、のんびりとした時が楽しめます。

アブラ船の歴史

ドバイは18世紀頃、交易や漁業、真珠産業で栄えた都市でした。ドバイクリーク(運河)はドバイで最初にできた港であり、当時の中心地として多くのアブラ船が行き交っていました。

ドバイが観光地として人気が高まり始めた1970年代頃から、アブラ船は観光客向けのサービスを提供するように。昔の伝統的なアブラ船は人力でしたが、現在はモーターボートとなっています。現在では通常のアブラ船の他、エアコン付きのアブラ船や、観光客向けの豪華なアブラ船もあり、クルーズやディナークルーズなども楽しめます。

アブラ船の基本情報

運航時間と運賃

アラビア語で「渡る」を意味するアブラは、ドバイ クリーク沿いの4つの駅の間を1日中、数分おきに運行しています。たった5~10分ですが、ノスタルジックなプチ船旅が楽しめます。
ドバイに約148隻のアブラがあり、各アブラには約20人の乗客が乗船できます。時刻表はなく、船が満員になると出発します。

アブラ
運行時間毎日朝06:00頃~深夜24:00まで
運賃1ディルハム(約42円)※現金のみ
所要時間対岸まで約5~10分
Amnet Staff

運賃は船で船頭さんへ現金手渡しです。

アブラ船の運航ルート

観光で使うアブラ船の運航ルートは2つです。

ルート1
デイラ オールド スーク(※デイラ/空港側)バール ドバイ (※市内側)
Deira Old Souk Marine Transport Station – Bur Dubai Abra Station

シェアはこちらから!
目次