【11/16更新】<アジア>入国条件まとめ

アジアまとめ

当社にて査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等のご質問等はお答え出来かねますので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問合せ下さい。
下記は外務省、各政府機関WEBサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告なく変更になる場合がございます。
有料手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問合せ下さい。

下記はいずれも「日本国籍」を前提としております。

目次

タイ入国条件

Thailand

タイ入国制限・隔離措置

現在、日本国籍の方はタイ入国可能です。
2022年 6月16日よりワクチン接種状況によらず、全ての渡航者に対してタイ入国後の隔離措置は撤廃されました。

ワクチン接種不要
※ワクチン接種有無や回数など、入国制限が撤廃されました。(2022年10月01日~)
陰性証明書不要
海外旅行保険義務なし(2022年7月01日~)
査証(ビザ)30日以内の観光目的の滞在は不要
※2022年10月~2023年3月までの期間限定で45日滞在可能
健康申告など入国後、接触確認アプリ「Mor Chana」のダウンロードと登録が必要です。
※現在は現地ではほとんど使用されていません。ショッピングモール等でも体温チェックのみで、アプリ提示不要となっています。

タイ・バンコクPCR検査予約代行(日本入国用)

現在、日本入国(日本帰国)のためにワクチン未接種(2回以下)の方は72時間前以内の陰性証明書が必要です。
バンコクでのPCR検査予約代行(日本入国用)を行っておりますので、ご参考ください。

\日本入国に関する情報はこちら/

参照

在東京タイ王国大使館  
在タイ日本国大使館 
タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)

在東京タイ王国大使館の連絡先

メール : econ.tyo@mfa.go.th
電話  : 090-7805-8899

ベトナム入国条件

ベトナム入国制限・隔離措置

日本からベトナムに渡航する場合は旅券の種類・入国目的に関わらず、入国日から 滞在期間が15日以内であればビザ免除にて入国が可能です。
ベトナム観光局(2022年3月18日発表)
在ベトナム日本国大使館

ワクチン接種不要
陰性証明書不要(2022年5月01日~)
海外旅行保険補償額US$10,000以上
※新型コロナウイルスの治療費をカバーできること
(参考)ベトナム政府観光局
査証(ビザ)15日以内の滞在は不要
※旅券の種類及び入国目的は問いません。
健康申告など不要

ベトナムの無査証滞在について【日本国籍の方】

査証滞在可能日数パスポート残存期間その他
不要15日入国時6ヶ月以上出国用航空券が必要
入国禁止対象になっていないこと

※従来は「前回のベトナム出国時から30日以上経過していること」との条件がありましたが当該条件は廃止されました。

ベトナム・ホーチミンPCR検査予約代行(日本入国用)

現在、日本入国(日本帰国)のためにワクチン未接種(2回以下)の方は72時間前以内の陰性証明書が必要です。
バンコクでのPCR検査予約代行(日本入国用)を行っておりますので、ご参考ください。

カンボジア入国条件

カンボジア入国制限・隔離措置

在カンボジア日本国大使館

ワクチン接種不要
陰性証明書不要
海外旅行保険義務なし
査証(ビザ)観光もしくはビジネスビザが必要
※カンボジア大使館・領事館・アライバルVISA・e-VISAにて取得可能です。
健康申告など不要

インドネシア入国条件

インドネシア入国制限・隔離措置

在インドネシア日本国大使館

ワクチン接種必要(2回以上/到着後の隔離不要)
※指定書式はありません。(日本自治体発行のものでOK)
※ご出発14日以上前までに規定回数のワクチンを完全接種していることが必要です。

18歳以上の接種1回以下の方は、原則入国不可です。
※ワクチン1回以下の場合、インドネシア国籍の方や外交ビザなど保持者のみ到着後4泊隔離にて入国可能です。
※健康上の理由によりワクチンを接種できない者は、入国時にワクチン接種証明書に代えて、ワクチン接種不適である旨の国立病院発行の診断書(英文)を提示しなくてはならないとされています。【在インドネシア日本国大使館より引用】
陰性証明書不要
海外旅行保険義務なし
査証(ビザ)必要(下記参照
健康申告など入国前のアプリ「PeduliLindungi(プドゥリリンドゥンギ)」のダウンロードを義務付けています。
※2022年4月05日以降にインドネシアに入国する場合は、事前の健康状態申告書(eHAC)登録は 不要 となりました。PeduliLindungiアプリがインストールされたスマートフォンをお持ちになり、アカウントのプロフィールが登録済みであることのみ必須となっております。

(参考)ガルーダ・インドネシア航空|PeduliLindungiアプリのつかいかた
(参考)在インドネシア日本国大使館|アプリ認証手続きの変更

(参考)在インドネシア日本国大使館|インドネシアへの入国に関するご質問

インドネシア・査証(ビザ)について

インドネシア入国は観光であっても、査証(ビザ)が必要です。
※現在、査証免除措置は停止中です。

アライバルビザ(VOA: Visa on Arrival)

インドネシア到着後にVisa on Arrivalのブースにて料金を支払い、審査後申請が認可されればビザ発給となります。

入国目的・観光
・政府用務
・商談(商談、交渉、契約締結。ただし、生産者・販売者の生産活動の継続的な監督を行わないこと)
・商品購入(生産者・販売者の生産活動の継続的な監督を行わないこと)
・会議(本社またはインドネシア事務所が開催する会議への参加)
・トランジット
滞在可能日数30日

※現地入国管理局にて30日の延長が1回可能です。
※詳細は現地入国管理局にお問合せください。
料金50万インドネシアルピア(現金のみ)
必要なもの・帰路の航空券
・パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上
利用可能空港・スカルノハッタ国際空港(ジャカルタ)
・イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港(デンパサール/バリ)
・クアラナム国際空港(メダン)
・ハン・ナディム国際空港(バタム)

等の主要空港を含む15空港のほか、
バタム島内の主要港を含む35海港及び7箇所の陸路国境

(参考)在京インドネシア大使館
(参考)在デンパサール日本国総領事館|領事メール

オンライン到着査証(e-VOA)

2022年11月09日よりインドネシア法務人権省入国管理局は、入国前にオンラインで取得可能な オンライン到着査証(e-VOA)の運用をデンパサール空港、ジャカルタ空港など限られた場所で開始すると発表しました。

入国目的・観光
・政府用務
・商談(商談、交渉、契約締結。ただし、生産者・販売者の生産活動の継続的な監督を行わないこと)
・商品購入(生産者・販売者の生産活動の継続的な監督を行わないこと)
・会議(本社またはインドネシア事務所が開催する会議への参加)
・トランジット
滞在可能日数30日

※ビザの有効期間は90日です。
※現地入国管理局にて30日の延長が1回可能です。
※詳細は現地入国管理局にお問合せください。
料金50万インドネシアルピア
必要なもの・帰路の航空券
・パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上
・パスポートサイズの顔写真(JPG/JEPG/PNG形式)
・Eメールアドレス
・クレジットカード(Mastercard、Visaまたは JCB)

※クレジットカードは本人名義以外でも可(3Dセキュア利用可であること)
利用可能空港・スカルノハッタ国際空港(ジャカルタ)
・イ・グスティ・ングラ・ライ国際空港(デンパサール/バリ)

※2空港の他は、港です。
申請時期渡航14日前~48時間前まで
申請ページインドネシア法務人権省入国管理局|Welcome to MOLINA
申請手順①メインページの「Apply」からアカウント作成
②必要事項入力と、写真アップロード
③確認メールを受け取ったら、1時間内に“activate”(有効)する手続きを行う
④改めてメインページの「Apply」からビザタイプ、到着情報などを入力
⑤入力完了から120分以内にビザ料金を支払う

(参考)インドネシア法務人権省入国管理局|よくある質問

※インドネシア政府により、入国規制や検疫措置が突然変更される場合がございます。

アプリ「PeduliLindungi(プドゥリリンドゥンギ)」について

インドネシア入国には、PeduliLindungiアプリがインストールされたスマートフォンをお持ちになり、アカウントのプロフィールが登録済みであることのみ必須となっております。

アプリご利用方法

ガルーダ・インドネシア航空のご案内をご参考ください。
(参考)ガルーダ・インドネシア航空|PeduliLindungiアプリのつかいかた(PDFファイル)

ワクチン接種証明書の登録

必須ではありませんが、日本で取得したワクチン接種証明書を PeduliLindungiアプリ に登録する場合の手順は以下の通りです。
(1)アプリ「PeduliLindungi」バージョン4.4.7以上をダウンロードする
(2)アカウント登録又はログインする
(3)「COVID-19 Vaccine」のアイコンから「Vaccine Non-Indonesia」を選択する
(4)ワクチン接種情報を入力し、「Submit」をタップする
(5)ワクチン接種証明書の認証まで、5-6営業日待つ(手続き状況はアプリ上で確認できる)
(参考)在インドネシア日本国大使館|アプリ認証手続きの変更

アプリに関する問合せ先

インドネシア保健省ヘルプデスク
・コールセンター:021−119(ext9)
・メール:sertifikat@pedulilindungi.id
・チャットボット・ヘルプセンター(WhatsApp):081110500567
※同ヘルプデスクでは、接種証明書の誤表示や誤登録情報の修正等の相談も受け付けています。

インドネシア国内の移動

18才以上の外国人がインドネシア入国後に国内を移動する場合、ワクチン接種を2回行っている必要があります。
※「入国後の国内移動」の定義は規定されていませんが、入国後に飛行機等公共交通機関を使って別の都市にある居住地/宿泊地へ向かう国内の移動を指すと見られます。
またマスク着用義務もあります。

(参考)在インドネシア日本国大使館|インドネシア政府による国内移動規制の変更

シンガポール入国条件

シンガポール入国制限・隔離措置

シンガポール入国管理局(ICA)
在シンガポール日本国大使館

ワクチン接種不要
陰性証明書ワクチン接種完了者(2回以上):不要
ワクチン未接種者(13歳以上):日本出国2日前以内に必要

※ワクチン接種済みで陰性証明書の提示を免除されたい方は、ワクチン接種証明書の提示が必要です。
海外旅行保険ワクチン接種完了者(2回以上):義務なし
ワクチン未接種者:30,000シンガポールドル以上の加入義務あり
査証(ビザ)30日以内の観光・商用・外交・公用目的の滞在は不要

※入国時には14~30日間の滞在許可印が押されますので、必ず許可された滞在日数を確認してください。
(参考)外務省海外安全ホームページ|シンガポール
※入国時にはシンガポール出国の航空券、滞在を保証する十分な資金が必要です。
健康申告など・シンガポール到着日の3日前(到着日を含む)以内SG Arrival Card(電子入国カード)の提出が必要です。申請が認められると、許可書が発行されます。この許可書は出発時のチェックインの際、およびシンガポール到着時の入国審査時に提示が必要です。
・追跡確認アプリ「TraceTogether 」のインストールが推奨されています。

(参考)SG ARRIVAL CARD|FAQ
(参考)YouTube|How to fill up an SG Arrival Card(SG Arrival Cardの書き方)※動画
乗り継ぎ2022年2月21日以降、シンガポール乗り継ぎの場合はワクチン接種証明書やPCR検査が不要となりました。
(参考)シンガポール航空

ワクチン接種済みの方のシンガポール入国後の流れ

STEP
入国審査

入国管理官にパスポートやワクチン接種証明書、SG Arrival Cardなど必要書類を提出します。
審査後、SG Arrival Cardに記載したEメールアドレス宛に、滞在可能日数等が記載された e-Pass(電子訪問パス)が送付されます。

シンガポールに到着する全ての外国人は、入国スタンプの代わりに、SG Arrival Card(電子入国カード)に記載したEメールアドレス宛に e-Pass(電子訪問パス:Electronic Visit Pass)が送られてきます。滞在可能日数など記載されているので、必ずシンガポールで確認できるEメールアドレスでSG Arrival Cardをご登録ください。

※2020年3月以降、外国人旅行者向けの紙ベースの出入国カードは廃止されました。

STEP
預け荷物受け取り
STEP
税関審査
STEP
シンガポール入国

公共交通機関のご利用OK、隔離なしです。

(参考)シンガポール・チャンギ空港|入国管理と税関

マレーシア入国条件

マレーシア入国制限・隔離措置

在マレーシア日本国大使館

ワクチン接種不要
陰性証明書不要
海外旅行保険義務なし
査証(ビザ)90日以内の観光・業務(商談/会議/視察)・外交目的の滞在は不要
健康申告など新型コロナウイルス対策アプリ「MySejahtera(マイセジャテラ)」をダウンロード、渡航7日前までに「健康情報」をアプリ上で入力が必要です。
※2022年8月01日以降、アプリ内「Pre Departure Form」は廃止されました。(Traveller’s card 取得不要)

フィリピン入国条件

フィリピン入国制限・隔離措置

在フィリピン日本国大使館
フィリピン検疫局(Bureau of Quarantine)

ワクチン接種不要
陰性証明書ワクチン接種完了者(2回以上):不要
ワクチン接種未完了者(15歳以上): 必要 (2022年11月02日~)
→未完了者は出発前24時間以内の抗原検査陰性証明書が必要です。

※15歳未満の外国人は、単身又は親の付き添いなしでのフィリピン入国は許可されません。
海外旅行保険義務なし
査証(ビザ)30日以内の観光・商用(会議/ワークショップ・セミナー)目的の滞在はビザ不要
健康申告などオンラインにて「eARRIVAL CARD」への登録が必要です。
※出発72時間前までの登録が推奨されています。
※接触追跡アプリ「Traze」の利用義務は撤廃されました。
 
(参考)フィリピン検疫局(Bureau of Quarantine)|Frequently Asked Questions

航空券・ホテルなど手配可能です

お気軽にお見積りご連絡くださいませ!

メールでお問合せ

※ドメイン amnet-jpn.com からのメールを受信できるよう設定ください。


お電話でお問合せ

03-4477-6733
営業時間:月~金曜10:00-17:00(定休日:土日祝)

<お問合せ先>
株式会社アムネット
観光庁長官登録旅行業1530号/一般社団法人日本旅行業協会正会員、ボンド保証会員

当社にて査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等のご質問等はお答え出来かねますので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問合せ下さい。またこちらの情報は外務省、各政府機関WEBサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告なく変更になる場合がございます。
有料手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問合せ下さい。

シェアはこちらから!
Amnet Japan
旅行会社
アムネット|NY生まれの旅行会社
▶海外旅行全般お任せください。
▶ツアーアレンジ得意です。
▶最新渡航情報をSNSでもアップデート中!
▶おかげさまで創業35年目!

<お問合せ先>株式会社アムネット
Tel:03-4477-6733
Mail:info@amnet-jpn.com(平日10:00-17:00)
目次