<6/20更新>【アジア】入国条件まとめ(タイ)

アジアまとめ
目次

タイ入国条件、必要書類

2022年6月20日更新

Thailand

タイ入国制限・隔離措置

現在、日本国籍の方はタイ入国可能です。
2022年 6月16日よりワクチン接種状況によらず、全ての渡航者に対してタイ入国後の隔離措置は撤廃されました。

NEW!2022/06/20更新

2022年7月01日以降、下記が免除となります。
■ThailandPass(タイランドパス)申請
■保険加入
(加入推奨)

※7/01以降も引き続き、ワクチン証明書または陰性証明書のどちらかは必要です。

(参考)タイ国政府観光庁(TAT News)|‘Thailand Pass’ registration scheme to be lifted from 1 July 2022

タイ入国必要書類

ワクチン接種有無により必要書類が異なります。

タイ入国時の必要書類

  1. ThailandPass(タイランドパス)申請後に発行されるQRコード(タイ国籍者は不要)※2022/7/01から不要
  2. 新型コロナウィルスワクチン接種証明書、または陰性証明書のどちらか
  3. 最低1万USドル以上の治療補償額の医療保険証(タイ国籍者は不要)※2022/7/01から不要

下記より詳しくご案内していきます。

ThailandPass(タイランドパス)の登録<6/30まで全員必須>

対象日2022年6月30日まで
対象者タイへ渡航される方全員(タイ国籍以外)
申請URLhttps://tp.consular.go.th/
同意必須事項下記事項などに同意が必要です。
・タイ到着時に必要書類を提出をすること
・タイ公衆衛生対策に関してタイ当局からの指示に従うこと…など
入力項目<概要>
・どこから来たか
・最初のタイ滞在都市
・到着便名・日時
・名前
・国籍
・生年月日
・パスポート情報(パスポートコピーのアップロード)
・メールアドレス
・ワクチン接種証明書
・保険証明書
入力後Thailand Pass システムにて登録後 QRコードが発行されます。
提示場所・ご出発空港チェックインカウンターでの搭乗手続き時
・及び、タイ到着時の入国手続き時

ワクチン接種証明書<ワクチン完全接種済みの方>

ワクチン完全接種者陰性証明書は必要ありません。

ワクチン完全接種の定義

対象者タイへ渡航される方全員(タイ国籍以外)
※18歳未満の子どもで保護者と共に渡航する場合、ワクチン接種証明書を提示する必要はありません。
完了日渡航日の14日前まで
ワクチン接種を規定の回数終えていることが必要です。
認可ワクチン・ファイザー(Pfizer – BioNTech / Comirnaty / Tozinameran (INN))
・モデルナ(Spikevax (Moderna))
・アストラゼネカ(AstraZeneca / Covishield / Vaxzevria)
・Janssen (Johnson&Johnson)
・CoronaVac (Sinovac)
・Sinopharm / COVILO / Hayat-Vax (Sinopharm)
・Sputnik V
・Covaxin
・Novavax / Nuvavoxid / Covovax
・Medigen
・TURKOVAC / ERUCOV-VAX (TUSEB)
・Sputnik Light
資料タイ入国に際し、タイ王国保健省により許可承認されたワクチン及び規定回数(PDF)
証明書タイプ国の公的機関・地方自治体により発行されたもの
紙版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)が推奨されます
 
※日本の新型コロナワクチン接種証明書アプリも有効です。その場合、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種の詳細情報をスクリーンショットにてご準備頂き、必ず「Certificate of Vaccination」欄に添付して下さい。新型コロナワクチン接種証明書アプリにて取得したICAO VDS-NC (海外用QRコード)を添付する箇所は「Vaccination certificate QR code」の欄になります。「Certificate of Vaccination」欄にQRコードのみ添付した場合は無効となりますのでご注意下さい。
必要事項・氏名
・生年月日
・国籍
・パスポート番号
・ワクチン接種詳細の全回数分

新型コロナウィルス陰性証明書<ワクチン未接種の方>

ワクチン未接種または未完了の場合は、新型コロナウィルスの陰性証明書が必要です。

陰性証明書の定義

対象者6歳以上のワクチン未接種、未完了の方(タイ国籍以外)
※6歳未満の子どもは陰性証明書を提示する必要はありません。(ひとり旅の場合を除く)
検査時期渡航 72 時間前以内
検査種類・RT-PCR 検査
・病院等の医療機関による抗原検査(Professional ATK)

※自己抗原検査(Self-ATK)は認められません。

医療保険証等<6/30まで全員必須>

2022年6月30日までの渡航で、タイ国籍の方「以外」は下記のいずれかが英文で必要です。

  • 1万USドル以上の治療補償額の医療保険証(タイ国籍者は不要)
  • 所属会社からの医療費保証レター
  • タイ社会保険加入証明書(SSOカード等)

タイ・バンコク乗り継ぎ

バンコク・スワンナプーム国際空港で、国際線への乗り継ぎ/乗り換え時には、下記の規定条件を満たす必要があります。

■ 確約された国際線乗継便の予約があり、乗り継ぎ時間が24時間以内であること。
※原則LCCとは相互の運送協定はございません
■ 新型コロナウイルス感染症に対する医療費1万米ドル以上を補償する医療保険証明書(タイ滞在を対象とするもの、英文、または英文が併記されたもの)を所持していること。

詳しくは航空会社Webサイトにてご確認ください。
タイ国際航空(バンコク・スワンナプーム国際空港での国際線への乗り継ぎ/乗り換えに関して)

タイ・バンコクPCR検査予約代行(日本入国用)

現在、日本入国(日本帰国)のために現在72時間前以内の陰性証明書が必要です。
バンコクでのPCR検査予約代行(日本入国用)を行っておりますので、ご参考ください。

\日本入国に関する情報はこちら/

参照

在東京タイ王国大使館  
在タイ日本国大使館 
タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)

他ベトナムなど随時更新予定です!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Amnet Japan
おかげさまで創業34年目!
\NY生まれ「体験と感動のアムネット」/
国内旅行・海外旅行ともにお任せください。

▶航空券、ホテルなど各種手配
▶アメリカ・日本でのPCR検査サポート
▶最新渡航情報をBlogや動画でアップデート中!

<お問合せ先>株式会社アムネット
Tel:03-4477-6733/Mail:info@amnet-jpn.com(平日10:00-17:00)
もくじ
目次
閉じる